2006年3月アーカイブ

年度末

| トラックバック(0)

3月31日というのは特別な感じがする。この社会の大晦日のようなものだ。暦の大晦日で格別何かをするわけではないのと同じように、この変わり目に何かをするわけではないがね。
そういえば、いよいよ野球シーズンが始まった。本当の野球シーズンとはセントラルリーグが開幕してからだと思っているのだが、そんなに熱心な野球ファンではないことは自覚している。ひいきのチームが勝てばいいという。WBCとかサッカーの国際戦は見るが、シーズンの毎試合は見ない。ネットで結果をチェックする程度。
桜は今週末が見頃の最盛期。

鳥のような頭脳

| トラックバック(0)

この時期にしては非常に寒い。桜も凍り付いているが、しかし花の盛りは長くなるだろう。今週末も花見ができそうだ。

駐車場の桜の開花も八分ほどで止まった。そこへメジロが毎日のようにグループでやってきている。

一ヶ月前に言ったことをすっかり忘れていた。何かの会議であったのか、私の発言で決定したことを、今日はそれと反対の事を言ったようだ。
部下が、あわてて否定したが、まったく自分の記憶のいい加減さにあきれる出来事だった。

鶏は三歩あるけばその前のことを忘れると言うが、鳥なみの頭脳になりつつある、笑えない。

雪と桜

| トラックバック(0)

窓の外の桜はほぼ九分咲き。週末は散り始めの花見になるのだろう。しかし、天気は急変して風が出て気温が下がり始めている。7時のニュースを見るとあちこちで雪が舞ったようだ。本当の花冷えだなこれは。

昼食に上着を着ないで出たら、寒さに負けず元気だなどと言われた。真冬のような寒さではあるまいしと高をくくっていたのだが、実際は寒かった。

夕方、主張先の部下から連絡があり予定していた列車に乗り遅れたとのこと。大丈夫なんだろうか。

会議の効用

| トラックバック(0)

月末は忙しいんだが、部下は浦和へ出張だ。出張報告をメールで送ってきた。ネット世代らしいやり方かもしれない。

私はやたらと会議に出席している。この世界は会議で動いているかのようだ。私は昔、会議をバカにしていた。烏合の衆が愚にもつかない議論をして何の益があるのだ、時間の無駄ではないかと。

最近は会議の効用を認める立場になっている。くだらないと感じつつも人の意見を聞くというのはいい経験だ。

大番を読み出す

| トラックバック(0)

朝、出張先の部下から電話。データの一部を忘れたのでメールで送ってほしいと。全く便利な世の中だが、緊張して忘れるとはどういう事だろう。

私は休んだ上司の代役であちこちの会議に出席。時間だけが過ぎていく日だ。

窓の外の桜はすっかり満開でうす桃色に輝いていいる。風もないのに枝が揺れているのは、鳥が蜜を吸いに来ているのだろう。ヒヨドリかメジロか、でも姿は見えない。桜の花びらが全てを覆っているのだ。

獅子文六の大番を読み出す。友人に勧められたのだ。今の時代の作家ではないので文庫にもない。ネットの古本屋で手に入れた。手に入れたのはもう一ヶ月も前だったが、なかなか読みださなかった。別の本を読んでいたこともあるが。

読み出すと、これがなかなか面白い。連載マンガのような感覚だ。

行楽

| トラックバック(0)

ぼんやりとした曇り空。少し冷えている。花冷えと言うことだろうか。人々は、花を見に行ったりしているのだろう、道が混み合っている。ラジオの交通情報でも行楽渋滞を伝えている。

私はこの季節はなるべく家にいるようにしている。外を出歩くと、花粉の症状が悪化するからだが、最近はだいぶん落ち着いてきた。飲み続けている漢方薬が効いてきているのかもしれない。

花見の準備

| トラックバック(0)

公園を散歩、桜はもうだいぶん咲いている。今夜の花見の場所取りをしている。若い男が本を読みながら、座っている。番人の役をしているのだろう。 夜は飲み会。退職する人の送別会。結構遅くまで飲んだ。

メジロ

| トラックバック(0)

駐車場の桜は3分から4分咲き。まだ花が木を覆いつくすという感じではない。時々枝が動くのがわかる。風もないのに何だろうと、目をこらすと小さな鳥が咲いたばかりの花の蜜を吸いに来ている。メジロだ。メジロにまた会った。

梅が咲き始めた頃、同じように梅の花にもやってきていた。そのときは梅にウグイスの連想でウグイスだと思ったこともあったがメジロなのだった。

夕方、転職する友人と少し話す。新しい世界へ移っていく、私は取り残されたよう。少しうらやましさを感じる。

ヒヨドリ

| トラックバック(0)

駐車場の横の桜を見ていると、午前中と午後とでは花開くつぼみが増えているのがわかる。この調子だと、この週末には見頃になるな。

月末のルーティンの事務処理がほぼ終わって、会議がなくなって、午後の時間がぽっかりと空いてしまった。インスタントコーヒーを飲みながら窓の外の桜を観察する余裕がある。ヒヨドリが桜の枝にいる。開いたばかりの花の蜜を吸いに来ているのだろうか。

夕方、風は少し冷たいが心地いいのでいつものルートを大きく外れて本屋へ行く。本屋へ行くというより、自転車を走らせたかったのだ。

自転車

| トラックバック(0)

天気予報では午後から雨だという。雨具を用意するのが面倒だったので傘一本もって歩いていくことにした。歩きと自転車どちらがより健康的なんだろう。そんなどうでもいいことが頭をよぎる。

学校の近くで、着飾った親子とすれ違う。卒業式なんだ。そういえば、事務所の前の駐車場に植わっている桜が5つ6つ花を開いている。桜の頃にそういう人生の節目を迎えるのだ。

朝の打ち合わせで、明日の会議に出席しなくていいようになった。よく言えば、楽をさせてくれる、悪く言えば爪弾きにされている。どっちだろう、どっちでもいい。明日の予定がなくなってしまったということだ。

3時頃から雨が降り出した。予報通りだ。気象庁に感心する。

自転車で走る

| トラックバック(0)

午前中だらだらと過ごしてしまう。本当はこの休みに、サイトの手直しをしなければならなかったし、そうするつもりだったのが、気分が乗らなくてお座なりに手を入れてみただけ。

何となく落ち着かない日々だったのだ。その原因の一つはWBCという野球の選手権だ。誤審とか韓国チームに負けるとか奇跡のような準決勝進出とかいろいろな話題があって、ついつい見てしまう。準決勝、今日の決勝が偶然にも休みの昼食時というのが面白い。アメリカとの時差だとこうなるのか。

それにしても、今日のゲームは面白かった。楽しめた。レギュラーシーズンの試合でもこういう展開というのはあるのだが、相手チームの力量が推しはかれないだけに、1点差に詰め寄られたときなど、手に汗握りつつ推移を見守るという状況だった。

結局、午後も3時過ぎまで中継を見たのである。

夕方、行き詰まりを感じて自転車で近所を走った。体を動かせば新しい着想が湧いてくるかもと期待したのだが、結局何の進展もない。

合格

| トラックバック(0)

朝食時間、珍しく早く起きてきた息子がトーストをかじりながら、今日は試験だ言う。いきなり何を言うのかと思えば、バイクの免許試験ということだ。

50ccまでの原動機付き自転車という種類の免許試験を受けるらしい。ペーパー試験だけでもらえる免許なのだが試験というだけで彼は結構緊張しているようだ。というのも、彼が言うには正答率90%以上でないと合格しないらしい。出題は50問らしいから45問は正解でないと駄目なのだ。
しかしまあ、がんばれと言うしかない。

息子は夕食前に帰ってきた。私は結果が気になったので、どうだったと聞くと、当然のように少し偉そうに「受かったのに決まってる」と言った。そうして、真新しい免許証を私の目の前に差し出した。

へー、運転免許試験というのは受かるとその場で免許証を発行してくれるのだ、知らなかった。昔はもっと難しい手続きがいろいろあったような記憶がある。それだけによけいびっくり。

しかし、あまりに簡略化されているので「正答率もそうだが合格率も90%以上あるような簡単な試験なのだろう?」と息子に言うと、彼は150人受けていたけど受かったのは50人程度だと主張した。

WBC

| トラックバック(0)

もうすっかり春だ。人々が屋外へ出て何かしたがっている。
近くのお寺の彼岸会があり、駅前の商店街ではなにやら踊りのイベントがあるらしい。交通規制で道路が込んでいる。

犬を公園へ連れて行く間も、同じように散歩させている人が多い。公園の一角のドッグランは野球チームができるくらい、いつになくにぎわっている。

昼食はうどん。昨日もうどんだった。家人はいい加減飽きないのかと言うが、米に飽きないようにうどんにも飽きという言葉はない。

食事しながらテレビを見る、WBCの野球中継。日本チームの九死に一生を得たような準決勝進出でこのゲームににわかに興味を持ったのだ。息が詰まるような投手戦、でも、拾いものの準決勝だからという開き直りがあるのだろう日本チームに余裕があるように見えた。

夕方、本屋へ行こうと思ったが結局、アマゾンで注文してしまった。買いたい本がある場合はその方が早い。ということで犬の散歩以外はほとんど家を出る事がない日だった。

土曜日

| トラックバック(0)

一日雨が降ったりやんだり。雨を見ていたり本を読んだりして過ごす。実はサイトの再構築を進めなければならないのだ。ほぼ大まかなプランはできあがっており、今は細かなコードの書き換えなどを行わなければならない。それには手がつかなくて、気を紛らすためにいろんな事をしている。

夜も何となくコンピュータに向かっているだけで、具体的な作業は進んでいない。そういうこともあるのだと、今日はあきらめる。

長電話

| トラックバック(0)

暖かい日だ。窓の外に桜の木が見えるのだが、よく見ると芽ははち切れんばかりにふくらんでいる。週明けには、咲き出すかもしれない。

午後は講演を聞いた。商工会主催のLOHASに関する入門的な講演だった。LOHASは一応昨年のマーケティング関係の重要キーワードとなっているらしい。言うなれば持続可能なエコロジカルビジネスも話なのだ。
シンプルライフとかエコライフとかスローライフというコンセプトをどうビジネスにつなげるかということであるな。

夜は、相変わらずサイト再構築の作業。神戸のM氏に提供するブログ風の読書記録プログラムが完成。メールで送付しておいたら早速本人から返信が来て、なんだか引っ越しの最中でプログラムを確認する余裕がないとのこと。急ぐわけではない。この春休みに見ておいてもらえればそれで良いと思う。

寝る前に、堺のM氏にも連絡を入れたのだが、2時間半の長電話になってしまった。国際政治の話から下世話なうわさ話まで取り混ぜてのことだが、家人に何をそんなに話すことがあるのかと、高校生の長電話をしかるかのように、たしなめられてしまった。

韓流パワー

| トラックバック(0)

重要な会議であった。発言内容を確認するために、ICレコーダーを用意したのは良いのだが、録音を始めてすぐ電池切れになった。
仕方ない、必死になってメモをとる。考えてみれば、昔はそういう風にやっていたのだ。機材が発達して、そういう基本的なことすらしなくなったのだ。

朝は普通の曇り空だったが、天気予報では午後からかなり強い雨が降ると言っていた。果たしてその通り、低気圧が通過して強い雨風になった。長期予報は相変わらず外れるが、その日の天気予報は精度が上がっているようだ。

昼休み、ロビーのテレビの前に人が集まっていた。世界野球の中継だった。結構、みんな注目しているのだ。しかし、夕方のニュースで韓国チームに負けたと言っていた。韓国は強い、韓流パワーはここにも発揮されているようだ。

本を探す

| トラックバック(0)

昼間は暖かかった。歩いていると汗ばむ感じがある。厚着をしているせいだろうけど。

集中力に欠ける一日だった。何かをしたという自覚がない。

夕方、新聞の書評欄で見た本で面白そうなのがあったので本屋へ行ってみる。探したがなかった。多分、インターネットで注文することになるだろう。
こうやって、本屋の利用はどんどん減っていく。いつも行くホームセンターの道すがらの二軒の本屋もいつの間にか、廃業してレンタルCDの店になっている。

白い花

| トラックバック(0)

昨夜、帰宅が遅くなって、就寝したのは2時を回っていた。今朝も習慣で7時前には起きあがったが、午前中は眠気が抜けなかった。

眠気覚ましにと、犬を散歩に連れ出す。散歩先の公園は、もうすっかり春の準備ができている。公園の近くに居住しているおじさんが、着ているものを脱いで干している。

昼食後、とうとう睡魔に勝てなくなって昼寝する。中途半端な昼寝だったのだろう、すっきりしないのだが花粉のせいかもしれない。昼寝の目覚めの運動にと自転車を走らせる。
あちこちに白い花が目立つ。コブシかハクモクレンかよくわからないが。短いサイクリングの途中で古本屋に立ち寄る。京極夏彦の妖怪図鑑を手に取りそのまま購入してしまう。美本であったからだ。

家へ帰って、植物図鑑でコブシかハクモクレンか調べてみたが、結局わからずじまいであった。

このアーカイブについて

このページには、2006年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2006年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja