2006年8月アーカイブ

つくつくほうし

| トラックバック(0)

昨日はじめて、ツクツクホウシの声を聞いた。もっと前から鳴いていたのかもしれない。気付いたのが昨日だと言うこと。

図書館の本

| トラックバック(0)

sho久々に図書館で調べもの。しかし、図書館の本はどれも古いので役に立たない。調べたかったのはWebについてのことだった。2年前の記述はすでに役に立たない。

もう二学期

| トラックバック(0)

友人の子どもが通っている学校は明日から二学期が始まるらしい。最近は学校の行事などの都合で、学校ごとに夏休みを短くしたりできるらしい。9月1日に一斉に二学期が始まるという事はなくなっていくらしい。
しかし、明日から二学期だと思う、子どもの心は悲しいだろうな、こんな中途半端な日からどうして二学期なんだようと叫んでいそうだ。

月曜日の朝だが、つい油断して支度が遅れて遅刻しそうになる。空模様が不安定で雨が降るかもしれないという予想だったので歩いていくつもりだったが、帰りは雨に降られるのを覚悟で、自転車で行くことにする。10時頃から降ったり止んだり。曇り空で気温はそんなに上がらないが、不快指数は100パーセントだ。早く涼しくなってほしい。
そういえば、今年はツクツクホウシの鳴き声を聞かない。秋の訪れを教えてくれるはずの。

体力温存

| トラックバック(0)

夏風邪とはいえ普通に生活するのだが、身体が重い。午後の二時頃は普段でも昼寝をしたくなる時間なのだが、今日はとろとろと本気で寝てしまった。図書館へ行こうと思ったけど断念する。

夏風邪か

| トラックバック(0)

夏風邪だろうか、鼻水が止まらなくなっている。そういえば、熱中症のように体が熱いのである。いや熱中症になったことがないのでどういう自覚症状か分からないが、熱という字感から熱いのだろうと想像するだけだが。夕方、会合の予定だったのだが体調が良くないので、予定を変えてもらい事にした。
今夜は早く寝ようと思う。夏風邪はこじらせると長引くらしい。ほんとかどうかは知らないが。

膨満感

| トラックバック(0)

郊外の事務所で打ち合わせをして、終わったのが12時だ。帰り道に何処かの食べ物屋に立ち寄ることにしたのだが、入ろうとした店が二軒続けて休業中だった。金曜日の昼に休業なんて、もう潰れるに違いない。三軒目に入った店は、結構混んでいた。若い部下の話だと、この店は味が良くて量がたっぷりとあって、値段も手頃と最近人気の店らしい。ランチを頼んだら確かに通常の2割り増しほどの量があって、味もまあまあだった。残してはいけないと、全部食べたところ、午後は膨満感に襲われた。
夕方は別件の打ち合わせ。友人と待ち合わせにはだいたい本屋を使う。電気屋か本屋以外では時間を潰すことができない。

星惑う

| トラックバック(0)

さっきネットのニュースをチェックしていたら、惑星は8個に決まったと報じていた。プラハで開かれている天文学学会の投票で決定されたのだ。

当初、惑星の数が変わるという報道があったときは12個に増えると言うことだった。セレスとかカロンとか2003UB何とかとかが増えると言うことで、これからの学生さんは惑星の順番を覚える例の「水金地火木」が覚えにくくなると話題にしたのだが、結果は冥王星が惑星のカテゴリーから外され、惑星の数は減ってしまった。それですごく残念だということではないが。

でも、増えるよりは減った方が好ましいと思った。私は従来のルールを厳密に適用するほうが好ましいと感じる保守派だな。新規参入者を認めたくないのだ。

健康診断の結果

| トラックバック(0)

検査の結果がでた。封筒を開けなくても、結果は分かっていると思っている。

だから開けたくなかった。昨日友人のところへ先に結果が来て、予想通り再検査だったと言っていた。私も、昨年と同じように再検査だろう。中性脂肪とプリン体と肝機能の値が悪いに決まっている。

その、値の改善に取り組んだのは、昨年の検査後一ヶ月と、検査の三日前だったから。
しかも今年は、昨年よりもっとふしだらな生活をしているように思う。今頃反省しても遅いのだが。

夕立

| トラックバック(0)

夕方、仕事が終わった時間に、何処から音が聞こえる。上の階で、机の移動でもはじめたのだろうか。そうではない、遠くで雷が鳴っているのだ。音だけが響いている、遠雷だ。
いつもの夕方にしては窓の外が暗いと思っていたのだが、夕立の前兆だ。

オフィスの皆が窓際に来て、空を見上げている。できれば、雨がざっと来る中を歩きたくないと思っているのだ。いつもだったら、仕事の切りになるまで残っている奴もさっさと身支度をしている。残業をする奴は誰もいなくなって、私一人オフィスに残される。

自転車で帰るので、雨脚を確かめようと慎重になっている。この時期雨に濡れることほど気持ちの悪いことはない。ひとしきり降って、多分雨は上がるだろう。時間つぶしの残業を一人でする。

出足悪し

| トラックバック(0)

週の初めに、出鼻をくじかれた。進行していた交渉が、どうもまとまりそうにない。任せていた男がお手上げという状況になった。また、一から組み直さなければならない。

暑さは続く

| トラックバック(0)

この時期になって、なんだかすごく暑い。数年前の長く暑い秋を思い出す。
朝、犬を散歩に連れ出したが、あまりに暑いので途中で引き返したほどだ。それで、犬は欲求不満になっている。

床屋で

| トラックバック(0)

床屋へ行った。今日は客が少なくて、おやじは手持ちぶさたのようだった。それで、早速椅子に案内された。おやじは靖国神社のことを話題にしたがっていたが、私はそういう気分でもなかったし、多分おやじと意見が違うだろうから、眠い振りをして、生返事でごまかした。

床屋のおやじと靖国論を戦わせてもなと思っていると、話題はいつのまにか高校野球に移っていた。そのころには、客も来はじめていた。そうか、私が早かったのだ。

悪夢

| トラックバック(0)

つまらないニュースばかりだけど、ジョンベネ殺人事件はどうしてこんなに注目を浴びるのか、10年前の出来事だというのに。

しかし思い出してみれば、当時の捜査は家族を中心に行われていたような。家庭内のゆがんだ関係ばかりが情報として与えられていた記憶がある。当時、昼間のニュースバラエティの格好の素材だったのだろうな。

私が思うに、時間が経ちすぎているし、犯人と目されている奴の売名行為ではないか、ということ。どうでもいいけど。

真夏の夜のねっとりとした悪夢のような話だから。

風と星占い

| トラックバック(0)

台風10号は夏台風らしく迷走して、とどまったりしている。おかげで今朝は、夕立のような強い雨がほんの5分ほど降って、あっという間に晴れ上がって蝉が鳴いていた、そんな不安定な空模様だ。

昼間は、台風が連れてきた南方の湿った暑い風が吹く。天然のサウナ風呂だ。気力が失せる。

今朝のテレビの星占いでは最悪の日という事だった。余計なことを言い過ぎて他人から嫌われると言っていた。嫌われるかどうかは別にして、一言多いのは認める。

だからというわけではないが、今日の交渉では、部下に任せて一言もしゃべらないようにした。そういう風にした方が良いのかもしれない。

スケッチの練習

| トラックバック(0)

絵心というのがほとんどないような人間なのだが、スケッチをしてみたくなった。旅行なんかへ行って、気に入った風景をその場でさっとスケッチできたら良いなと思ったのだ。

先日東京へ行ったとき、銀座の伊東屋へ立ち寄って、モールスキンのスケッチ帳タイプの手帳を買った。それにはまだ何も書いていない。少し練習してからでないと、思っているからだ。

それで、本屋でスケッチ入門というような本を買ってスケッチのノウハウを勉強中である。本を読んで絵を描くのが上手くなるとは思っていないが、モチベーションは高まるだろうと考えたのだ。その入門書には、練習のページもあって、見本をなぞって絵を描くようになっている。そんなことやってもなあ、と思いつつも鉛筆を走らせて少しはスケッチらしくなっているだろうかと考えている自分を見つける。風景の線をなぞっていると、無心になるのである。

スケッチ用の鉛筆の芯が丸くなったので、カッターナイフで削ってみた。カッターナイフだと、鉛筆はきれいに削れないな。刃の付き方が悪いのだろうか。肥後守のようなナイフが必要なのかもしれない。

敗戦の日

| トラックバック(0)

朝、信号機の交差点に車がいなかった。一体どこへ消えてしまったのか、不思議な感じの風景だ。
新聞に最近の勤労者の夏休みの過ごし方は、家でごろごろというのが一番多いという。友人はごろごろしすぎて昼夜逆転してしまったという。社会復帰が大変だろうに。

とか何とかいいながら、もう帰りのラッシュが始まるとニュースは言っている。名古屋駅で帰省ラッシュにはまった友人は、今時の帰省はあのごろごろ引っ張るタイプのトランクを誰もが持っているので、通路の混み具合が半端じゃないと言っていた。多分明日あたりあちこちの駅でそのような風景が展開されて、都会に人が戻ってきたなどとニュースで言うのだろう。

全く懲りない人々である。それにしても、最後っ屁をかましてさるところへ参拝した某首相はそういうごろごろトランクを引っ張る人々に重なって見えた。

スカイプで会議

| トラックバック(0)

世間では夏休みだが、サービス業としては関係なく働く。しかし電話は鳴らないし、客も来ない、暑すぎて誰も外へでないのではないか。開店休業であったが、書類作りは進展した。

夜、スカイプでの会議にトライした。我が社のトップがようようスカイプを導入したのである。夜も更けていたので、通話の確認だけにした。

毎度のこと

| トラックバック(0)

案の定、二日酔い。気温が上がって、寝苦しくなって起きあがる。酔っぱらいのために空調を入れておくのは無駄だという考え方によるものだろう。

ご縁中は水だけを飲んで過ごす。そのほかのものは喉を通らない。日曜日の午前中の犬の散歩は中止。犬は不満そうである。

夏の宴

| トラックバック(0)

夕方、外出するためにシャワーを浴びようとしたら、すでに誰か入っていた。誰やねん、と、のぞいてみると知らない男の子。

「すみません」と言っている。後で聞くと、息子の友人でなんと千葉から神戸まで自転車で行こうとしている奴らしい。中間点の我が家で休憩しているらしい。その男がでた後、ゆっくりとシャワー、そうして宴へ出掛けた。

久々の宴であったが、なんとなく飲めない。アルコールが嫌いになったのだろうか。心にひっかかるものでもあるような。

飲み会であった

| トラックバック(0)

夕方、外出するためにシャワーを浴びようとしたら、すでに誰か入っていた。誰やねん、とのぞいてみると知らない男の子。「すみません」と言っている。後で聞くと、息子の友人でなんと千葉から神戸まで自転車で行こうとしている奴らしい。中間点の我が家で休憩しているらしい。

若いときだけにできる事だ。しかし、私の知人に、大阪から東京まで歩いて行った人がいる。しかも、かなり年をとってから。仕事が絡んでいたからできたことなのか。

その子がでた後、ゆっくりとシャワー、そうして宴へ出掛けた。
久々の宴であったが、なんとなく飲めない。アルコールが嫌いになったのだろうか。心にひっかかるものでもあるような。

早く過ぎた今週

| トラックバック(0)

もう週末だ、そういうふうに毎日が素早く過ぎていく感じがずっとある。早く過ぎると言うことは、いろんな細かい事象を見逃していると言うことだ。
大雑把というのは、ある種人間の度量の大きさを言うのだろうが、目の粗い網のようなもので多分いろいろ見逃しているのだ。
そしてまた、拘泥ということがなくなるというのも、忘れっぽくなっているだけのことなのだろう。

今日は空調の悪い会議室で法令に関するレクチャーを受けた。階段状の大学の教室のような部屋だったのだが、一番後ろの高い場所に座ったので、えらく暑かった。じっとしているだけで汗が出てきた。話の内容は眠気を誘うようなものだったので少し寝た。

自転車について

| トラックバック(0)

高校生の自転車の乗り方というのはどうしてあんなに非効率的な感じなんだろう。
つまり、ハンドルの位置が高くて、サドルが低い形。ママチャリのサドルを低くしたようなものだ。だから、イージーライダーに出てくる(古いな)オートバイのような、後ろに反り返った乗り方なのだ。

結局あの形の自転車だと、大腿筋とふくらはぎの筋肉しか使わないから、効率悪いと思う。やはり、自転車は競輪のように前傾姿勢で乗って、背筋と大腿筋を使う乗り方が楽だと思うのだが。前傾していれば、立ちこぎとまではいかなくとも、体重をペダルにかけることだって可能なのだから。

私の自転車はロードレーサーではなくて、町乗りタイプなんだけど町乗りとレーサーの中間という形だ。だから、サドルの位置を高くして走行の効率性を高めている。だから、信号などで止まるとき、足を突っ張って、つま先立ちになる。それが、少し恥ずかしいと思う。というのも、横の高校生はサドル位置が低くて足が長いから、膝を曲げてべた足で待っているからだ。

自転車はエコロジカルな乗り物という評価になりつつあるのに、そのファッションは安定しない。ロードレーサーのように水着のようなウェアを着るわけにもいかない。かといって乗馬服のようなものでもないだろう。

友人は、鳥の羽のような形をしたヘルメットを勧めてくれた。それもなあ、ビジネスシャツに濃い色のズボンという夏のビジネスマンスタイルで、そういう形のヘルメットを被ると、モルモン教の宣教師のように見えると思う。

のど元過ぎれば

| トラックバック(0)

台風一過の朝だった。晴れ上がるというわけではないが、秋のような青い空が見える。風は少し乾いた感じで、風景は雨に洗い流されて埃っぼさが消えて輪郭がはっきり見える。気持ち良い朝なんだ。昨日の憂さを台風が吹き飛ばしたと書いておこう。
友人から、週末に飲もうという誘い。久々の納涼会の話だ。二つ返事で了承。昨日健康診断で、血圧と酒の飲み過ぎを注意されたばかりなのだが、のど元過ぎれば熱さは忘れるもの。鶏は三歩歩けば全てを忘れるのだ。

10時から会議。自分のセクションの案件が議題になっているので、重い資料を持って臨む。念のために、ICレコーダーも用意した。しかし、自分がプレゼンターではないし、質問が自分に向けられる訳ではないので、それなりの準備ということだ。

午後は、報告書を仕上げて、電話を3件。謝罪の電話、昨日の失敗の尻ぬぐい。最後の電話を切って、ぐったりした感じが押し寄せてきた。午後の湿気とだるさのせいだろうと思うことにする。

夜は、サッカーを見る。代表の試合はつい見てしまう。インターネットで野球の途中経過を確認しながら。
新しい監督は、これまでの監督より明確な作戦がありそうな感じがした。しかし、これは私自身のものの見方ではなくて、多分新聞か何かに影響された見方だと思う。

台風が近づく夜

| トラックバック(0)

今日は良いことがなかった。健康診断の結果では、血圧が高くてしかも血液検査の再検査がでそうだ。病院へ行っている間に、机の上に連絡メモが4つ、良い知らせが1つと悪い知らせが3つだ。たった一つの良い知らせは、そのほかの事柄にかき消されて何処かへ行ってしまった。軽いんだよね。
夕方から、雨風が強くなってきた。台風がどんどん近づいてくるのだろうか。ラジオのニュースを聞いてみると、どうやら夏の台風らしく迷走しているようだ。

遅めの夕食をとりながら、テレビをつけると野球を中継だった。ぼんやり見ていたので、縦縞のユニフォームのチームが我が応援チームかと思った。よく見ると甲子園の高校野球だった。こんな時間までやっているのか。対戦していたのは、沖縄のチームだった。離島の高校野球チームとか何とかで有名になった学校だ。
つい見てしまった。

どうでもいいけど夏休み

| トラックバック(0)

朝の通勤途中に見る町の姿が閑散としてきた。高校生が夏休みに入って、朝、急いで登校しているという姿が見られなくなって久しいが、今は通勤や仕事先に向かう車の数も減ってきている。
会社人間の世界も夏休みなのだ。いつもより少し広く感じる道、私は自転車を走らせる。
しかし、この暑い夏に、彼らはどこへ行ってしまったのだろう。

夏の図書館

| トラックバック(0)

近所にある図書館へ行く、犬の散歩と本の返却をかねて。開館早々だというのに、もう本を前に居眠りの態勢の人々がいる。雑誌を読みながら涼しい場所でしばし休憩という段取りなのだろうか。
読みたい本は見つからなかった。館内にあるコンピュータで検索すると、貸し出し中らしい。
何も借りずに帰る。9時半はすでに日盛りだ。今日も暑くなりそうだ。

似合わない

| トラックバック(0)

帽子が似合わないことを自覚した。暑い日射しが続く中で、帽子がほしかったのだ、帽子を扱っている店へ行って試着してみたが、似合わなかった。特にフォーマルな感じのするパナマ帽は駄目だ。友人は、ベレー帽にもトライするように勧めていたが、私は尻込みしてしまった。
麦わら帽子とか木綿の帽子ならOKなはずなのだ。つまり野趣のあるアウトドア系の帽子なら良いということか、違うな、キャップはもとより似合わないのを知っている。田舎趣味なら似合うということか、少々落ち込むな。

クール ごき

| トラックバック(0)

暑い一日だった。クールビズとはいえ、涼しい格好で良いというものではない、常識的な服を着なければならない。例えば、半ズボンとかTシャツはだめである。暑い一日の後のビールは最高だな。
昼間あまりに暑いので、食事前に軽くビールを飲んでしまう。
今日は、しかしひどい目にあった。仕事から帰って、食事前に簡単にメールとかをチェックするのだがコンピュータのある机でそういう仕事をしていた。ビールを飲みながら。
ちょっと用事があって、机を離れ、再び机で作業をし始めて、ビールのコップを口に運んだ。何か違和感があった。くちびるに何か当たるのである。コップを見てみると、なんとゴキブリが浮いていた。ゲッ、机を離れている間に酒飲みのゴキブリがビールを飲みにきて、はまってしまったのだ。飲み込まなくてよかった、っていうより気持ち悪い。

ビールの腹

| トラックバック(0)

朝起きたら久々の膨満感。昨夜の暴飲暴食がたたったようだ。消化剤を飲む。
それで、昼前には空腹感があった。胃の調子が戻ったようだ。
普通、夏は暑さで食欲が落ちるのだが、私は夏でも結構食べる。夏に太る体質だという事をいまさらながら発見した。かなり腹が出てきている、ビールのせいか?ビールはひかえようとしているんだけど、ついつい飲んでしまう。
メタボリック症候群と聞くと、どきっとする。

トラブル回避

| トラックバック(0)

東京で研修があった。その帰りのこと、とんでもないことが私に起こった。
帰りの新幹線の指定席券を購入しておいたのだが、いざ、というときにそのチケットを紛失していることが分かった。新幹線の出発するベルのぎりぎりまで友人はチケットを落としたと思われる場所まで、探しに行ってくれたのだ。結局チケットは出てこなかったが、その友人の機転によって、我々は無事帰り着くことができたのだ。友人とは帰りの車中でずっと祝杯としてのビールを飲んでいた。

昨日と今日も逆転

| トラックバック(0)

いつの間にか梅雨が明けたらしい。もう8月なのだから、開けていなければおかしいと思う。こういうことは、昨日書いても良かったようなことだ。反省すべき点は、昨日と今日の区別が付かなくなるような一日だと言うこと。
日付の違いだけが、区別の印なのかと自虐的に言ってみるのだが、そんな大層なことでもないのだよね。しかし、何らかの事件に巻き込まれて、一昨日のことを思い出せと言われてもすぐには出てこないのは確かだ。

このアーカイブについて

このページには、2006年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年7月です。

次のアーカイブは2006年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja