2006年9月アーカイブ

思いこみは怖い

| トラックバック(0)

作戦失敗したなあと思う。今日、とある利害関係者との交渉があったのだが、こちらの資料のコンセプトがよくなかった。
危機感を煽って、結論の選択肢を限定しようという作戦だったのだ。その危機感のとらえ方が、私が意図したものと全く違う方向へぶれてしまった。
相手は予想以上にナイーブだったのである。想定外だったが、これは作戦ミスそのものだ。

説得する対象の違いによって、話のポイントの置き方を微妙に変えるというのが鉄則なのだが、今回は同じ論調を繰り返してしまったのだ。これが反省点だ。
一週間前にあった別のグループへの同じ交渉が上手くいったので、その手法が通じると思いこんだのだな、実は。

ジンクスの流れは変わるか

| トラックバック(0)

見ないでいようと思った、今夜の野球中継。私が中継を見ると応援しているチームが負けるというジンクスがずっとついて回っているからだ。勝ったゲームでも、私が見ていると、相手チームが勢いに乗る、これはいけないと、見ないようにすると勝つのである。これは確率論を上回る確かさだと思っている。
今夜も7時のニュースで1点を入れて勝っていることを知った。一点差だ、私が見たら簡単にひっくり返される点差だ。しかし我慢できなかった。7回の攻撃だけでも見ようとチャンネルをあわせてみた。
なんと、本日の攻撃の中で一番良い場面をみることができた。そのままゲームセットまで見た。最近のジンクスの傾向が変わってきているのかもしれない。
仕事では今日もクレーム処理に走り回ったのだが、今日の野球中継はその疲れを吹き飛ばしてくれた。
それは良いのだが、明日は中継を見るべきか、それはすごく重要な問題だ。

食事しながら見るゲーム

| トラックバック(0)

今日は少し仕事が処理しきれなかった。残業して家へ着いてテレビをつけると、応援しているチームのビッグイニングだった。ある意味ちょうど良い時間ということだ。こういう胸がすくようなゲーム展開の瞬間を見られるというのは、なかなかないのである。

少し遅めの夕食だが、ついつい晩酌が進んでしまう。ここへ来て、何故か連勝を続けている。最後のあがきといえなくもないが、勝つことは精神衛生上、良いこと。

一方の当面の的であるチームはかなり大変なゲームをやっているが、あまり気にしたくない。相手は横浜だもんな、と愚痴が口をついて出る。
でも、ついついネットの速報を見てしまう。げっ、逆転されそうだ。

雄弁は銀

| トラックバック(0)

朝は傘を差して歩いた天気が昼前には上がって、日射しが戻った。
今週は、人前でべらべらとしゃべることが多い。つまらぬ事を口走ったことも多々ある。恥ずかしい限りだ。

宝くじ

| トラックバック(0)

朝から雨模様、徒歩で会社へ向かう。途中、同じビルで働く友人と一緒になる。
宝くじの話をする。彼は定期的に宝くじを購入し続けているらしい。3億円当たったら、即座に辞表をたたきつけてやると語った。

少し前には、宝くじが当たっても会社を辞めたりせずに、あくせく働く同僚を横目に見ながら左うちわで仕事すると言っていたのだが、心境が変わったらしい。

私は今日は、運がなかった。クレーマーの対応で二時間潰れたのだ。運がないとは、雨の日の朝一番にクレーマーに捕まるということ。一日の仕事のモチベーションが相当下がる。

本屋の話

| トラックバック(0)

何気なく新聞を見ていたら、書籍・雑誌販売額のランキング調査の結果があった。本や雑誌が一人あたりどれだけ買われているかを都道府県別に並べたリストだ。
新聞には上位と下位のそれぞれ10都道府県が出ていた。東京が1位で以下大阪、京都、石川、愛知と並んでいる。大都市は書店やコンビニが多く、書籍が身近に感じられるから、多く買われているというようなことを新聞は書いている。そうすると弱小県としての石川の位置の意味が理解できない。

私の住んでいる県は、このリストには載っていない。上位でも下位でもないところに位置しているのである。何位なんだろう、気になって元データをネットで調べてみる。すると私の住んでいる町が属する県は23位であった47都道府県中23位だって。ちょうど真ん中だ。なんという中途半端と言うべきか。
確かになあ、最近近所の本屋はどんどん廃業していくし、市内でも大きめの本屋へ行ったところで、めぼしい本は少ない、てなことで、ネットで本を買ってしまうと言う悪循環になっている(本屋の立場からすれば)

時々、隣の愛知県の本屋へ行くことがある。その本屋は結構充実しているのだ。さすがランキング上位の県の本屋だけある。

インスタントラーメン

| トラックバック(0)

友人からインスタントラーメンが大量の送られてきた。プレゼントの応募にでも当たったのだろうか、いやどうも現物支給の仕事の対価のようだ。そのあたり、ただでもらった手前はっきりと聞き出せなかった。なんでも500個のインスタントラーメンだそうだ。

友人は、主に独身者の知り合いに配っていたのだが、埒があかなくて私のような妻帯者にも、配るようにしたらしい。ありがたいことだ。今日の昼食はさっそくインスタントラーメンだった。
昔は、夜食にインスタントラーメンをよく食べた事を思い出した。季節はもう少し寒くなって、温かいものがほしくなる頃だったが。

夜の自転車

| トラックバック(0)

夕食が終わって、ひと休みしてから突然思い立って自転車を走らせた。ほんの半時間にも満たない走行だったが、夜風が気持ちよかった。夏の不摂生がたたって健康診断は最低の結果だったが、あるとき以前より腹は出てないと言われたのだ。自転車の効用ではないかと。そのとき、秋は自転車で血糖値を下げるぞとか何とか、訳のわからないことを言ったのだが、酒を飲んでいたのだろうか。

そういうこともあって、自転車で走ることを自分に課したような次第だが、夜自転車を走らせるのは怖いな、夜は自動車も結構スピードを出しているから。
自転車は昼間の乗り物だということにしよう。

早く過ぎたのか

| トラックバック(0)

今週は、いつもに増して早く過ぎた感じがするのだ。週末から、いろんな事があって、濃密な一週間だった、と思うのは錯覚で、実は月曜日が休みでしかも一日夏休みを取ったのだった。労働した日が短かったので、週末が早く訪れたと思っただけのこと。

台風14号のように、素早く過ぎていく、

死者を思え

| トラックバック(0)

近所の寺の彼岸会に老人たちが集まっている、死者の事を考えるために。読経の声が、考えを集中させてくれるのだ。私も今日一人の死者のことを考えていた。その人のことを深く考えようと思うのだが、結局は自分の事を考えていることに気付く。

冷や汗

| トラックバック(0)

会議でふとついて出た口から出任せ。問われたことに対する記憶に自信がなくて、そのまま知らないと言ってしまえばよかったのだが、知らないと思われるのが嫌いな性分だ。仕方ない、推論で言ったことが、間違いだった。別の言葉で言えば出任せ。

さあ、そこからが大変だ。かなり激しい、攻撃を受ける。しまったと思っても後の祭り。
必死で言い逃れをと弁解の積み重ね。なんとか取り繕ったものの、冷や汗が背中ににじむ。

取り残された感じ

| トラックバック(0)

かつての上司が亡くなった。歳はいくつになっていたのだろう。会わなくなって久しかったのだが。風の便りで入退院を繰り返していると聞いていた。
そんなに近しい関係ではなかったのだが、そういう報に接すると、彼と一緒に仕事をしていた頃を思い出したりする。

午後、他の連中は会議のために席を空けて、私一人が残っている状況になった。電話もなければ、片づけるべき書類もない。一人暇をもてあます。そのうち、会議へ出ていた連中が帰ってきて、大紛糾した会議の様子を語る。どうして、そういう面白い状況に、私一人取り残されたのだろう、などと考えたりする。

台風が去って

| トラックバック(0)

午前の早いころは雨、時間と共に雨は上がる。九州では台風の被害がかなり出ているとニュースは言っている。

スクリプトの入門書を読みながらコンピュータを触っているが、頭がはっきりしない、書いてあることが飲み込めない。入門書で、基礎から理解しようとするのは止めようと思う。無駄な努力のような気がする。出来合いのソフトなり素材なりを借用してアレンジした方が手軽だし、早いし、スマートだ。
と、ゆうことで午後にMovable Typeというブログ管理ソフトをインストールする作業をはじめる。しかし、なかなか手間取る。

ずっと、コンピュータの前にいるのに飽きたので、自転車で気分転換することにする。むっとする空気の中、自転車を走らせる。この秋は、自転車であちこち走ろうと思う。大阪の友人は、自転車であちこち走り回っていると言っていたが、その影響を受けているのだろう。

昨日、コンパスと気圧計が付いているアウトドア用の腕時計を修理に出した。コンパスの表示がおかしくなっていたので、しばらく放っておいたものだが、その時計がないと、自転車で走るという計画は頓挫するように思ったからだ。

遠い台風

| トラックバック(0)

微妙な天気だ。曇っているかと思うと日が差しすぐに黒い雲が空を覆う。台風のせいだ。夜半に佐世保に上陸したという。強い台風らしいが、まだ実感はない。

落語

| トラックバック(0)

友人から落語のCDを借りて聞きまくっている。

涼夜

| トラックバック(0)

昨日あたりから、夜更けは肌寒く感じるようになった。エアコンを消し忘れたのかと思うと、もともとエアコンはつけていなかったりする。

耳学問

| トラックバック(0)

秋雨前線のせいで雨が続く。今日は久しぶりに傘を差して歩いて会社へ行った。携帯ラジオを聞きながら。音楽プレーヤーでないところがミソではないか。しかもAMラジオ。ちょうどニュース解説をしている時間帯。出がけにテレビで見ていた、酒酔い運転の罰則強化の話だった。ラジオの方がわかりやすいなと思ったりする。耳学問だな。

しみじみ

| トラックバック(0)

二日続けて曇った雨模様の日だ。昨日は帰る途中で降られて、すっかり濡れてしまった。今日は用心して傘を持っていったのだが、帰る頃に雨は上がり、傘を持って帰るのを忘れた。
前々からの予定で、大事なイベントがあったのだが肩すかしを食らったように、何でもなかった。世の中というのは、思っていることの反対の結果になるということを、しみじみ感じる。
なんて、たかが天気と予定に裏切られただけなのに。

図書館で借りた本

| トラックバック(0)

市の図書館が長期の休館にはいるという。なんでも蔵書管理のコンピュータを入れ替えるらしい。詳しいことは知らないが。それで、休館になる前に少し借りておこうとしたのだが、どういう訳かつまらない本を3冊借りてしまった。

どういう訳かって、自分で選んだのだが、その選んだ基準というのはいつもなら借りないような本を借りておこうというのが失敗の原因なのだ。ざっと見て、面白くない本なのだが、休館なのでしばらく手元に置いておく。しかし、どうしてこんな本を読んでみようと思ったのか。

食事抜きの犬

| トラックバック(0)

家の犬は10歳を超えている。人間で言えば老人だ。動きも鈍くなっているし、いつも寝てばかり居る。年取って老成したかというとそうではなくて、食事と散歩にしか興味がなくて、相変わらず間抜けなことばかりしている。なんだか、自分の未来を見ているようで憎めない。

その犬が、今日は何故か血便であったらしい。仕事で遅くなったので、家族が獣医へ連れて行ったりとばたばたしたらしい。医者の話だと、老犬はちょっとしたことで血便を出すらしいので、それほど心配はいらないと言っているそうだ。しかし、様子を見るために今夜の夕食は抜きになった。

夕食を抜かれた犬ほど哀れなものはない。悪いことをした罰でもないのに、もっとも楽しみにしている食事ができないのだ。食事といっても本の2・3分で食べ終わるのだから堪能しているとは思えないが。

しかし、今夜はもうあきらめたのか、ふて寝をしている。わざとらしくいびきをかきながら。

日付が変わるまで

| トラックバック(0)

昨夜久しぶりに古い友人達と飲んだ。話が弾んで、家へ帰り着いたのは日付が変わってからだった。
最近は日付が変わるまで飲んでいると、必ず二日酔いになる。今朝は起きるのがつらかった。昼までラジオを聞きながら過ごす。

暑い秋

| トラックバック(0)

今日は暑かった。秋だというのに日射しは差すようにきつい。駐車場に置いてあった車に乗り込むときなど、最悪だ。
しかも太陽の位置は確実に傾いている。ブラインドを下ろさないと、背中が焼けるように熱くなるのだ。真夏なら、こんなに日が差し込まないのに。
まったく、暑く長い秋はごめんだ。

携帯の使えない日

| トラックバック(0)

ふと気が付くと、携帯電話の電池容量がほとんどなくなっている。そういえば昨日の段階で、インジケーターが心許ない状況だったのだが、充電を忘れていたのだ。よく分からないのだが、画面に警告が出て、早く充電してくれと訴えている。充電器があるわけでなし、仕方ないので電源を切った。

携帯がなくて不便なのかと言えばそうでもない。基本的に仕事はデスクワークなので有線電話が目の前にある。それで事足りるのだ。

早く起きた日

| トラックバック(0)

最近また目覚めが早くなってきた。その分、早く寝ている。それで困ることではないのだが、することがない。健康のために体操とかジョギングすればいいのかもしれないが、早朝とはいえまだ十分に暑い。朝から汗をかくのはごめんだと思うのだ。

夕食後、BSで「ボウリング・フォー・コロンバイン」をやっていたので見てみた。結構面白かった。その後、サッカーのアジアカップイエメン戦も見てしまった。勝つには勝ったが相変わらずの決定力不足、などとだらだらとテレビを見た挙げ句の感想。

夏痩せしない夏

| トラックバック(0)

夕方かなり風が吹いて湿った空気を吹き飛ばしてくれた。一週間前よりかなり過ごしやすくなっている。耳を澄ませば、庭から虫の声が聞こえてくる。秋なのだ。

しかし、ここへ来てかなり健康上のトラブルを抱えてしまった。毎年、夏の暑さに負けて夏痩せしていたのに、今年は食欲が落ちなかった。汗を拭きながらも三度の食事をしっかりととっていたのだ。

結果として、思わぬ体重の増加。検診でもろくな結果が出ない。会う人ごとに、丸くなったと言われる。異常気象の夏は私の体調にも影響を与えているのだ。

一番気になるのはウエストである。少しでも引っ込めようとバレリーナのように足を上げて腹筋を意識するようにする。バレリーナといったって、つま先を高く上げるのではなくて、立ったまま膝を抱えるようにするだけなのだが、そのときつま先立ちするのが、バレリーナっぽいかなと思うわけ。

突然倒れる

| トラックバック(0)

昔からの友人で、しかも私よりずっと若い男が脳梗塞で倒れたと聞いた。ここしばらく会っていなかったのだが、消息を聞くときはこんなものなのか。

思い出せば、別の酒飲み仲間の男も2年前に脳血栓で倒れたのだった。幸いにこちらの男は、何とか社会生活に復帰できた。倒れて半身不随になって、リハビリで回復していく様子を、今は笑い話として聞くことができるのだが、今度の彼の場合はどうなのだろう。

回復を祈るばかりだが、だんだん人ごとでない感じがしてきた。かなりリアリティがある。なんせ、健康診断でも相変わらず最低の評価だからな。

読経の声

| トラックバック(0)

散歩の途中、どこからか読経の声が聞こていた。法事なんだろうか。単調でリズミカルな響きは結構好きである。秋の午前中に合っているな。自分で読経しようとは思わないが。

10万の重み

| トラックバック(0)

我ながらびっくりしていることは、さっき、このホームページの来訪者カウントが10万を超えたこと。
私が、見たときには10万と1だった。10時半頃だったろうか。

このページをはじめたのは、堺に住む友人と大阪みなみのそば屋でビールを飲みながら話をしたのがきっかけだった。1999年の暮れだったか。あのころはY2K問題が沸騰していた記憶がある。それから6年。一日30人ほどの人が思い出したように訪ねてきてくれて、いつの間にか10万。
訪ねてきてくれる人のほとんどは顔見知りに違いないけど、6年続けてきたと言うことに重さを感じる。

このページもマンネリの感はぬぐえない。更新の針が止まったままのコンテンツもたくさんある。しかもみんな確実に年をとって、パワーはかなり減衰している。そういう現実を認めながら、淡々と更新していくのだろうな。

ネット界は今大きな曲がり角に来ているらしいけど、このページにどういう影響を与えていくのだろう。運営している私にも分からない。

朝の雨

| トラックバック(0)

朝っぱらからざんざん降り。ズボンの裾がぞうきんのようになっている。通勤も大変だ。月初めの打ち合わせも落ち着かない。濡れたズボンが気持ち悪いのである。
それでも、午後には雨が上がった。
週末の休みに仕事が入っている。それに使う資料を持ち帰る。

このアーカイブについて

このページには、2006年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年8月です。

次のアーカイブは2006年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja