2007年1月アーカイブ

酒を飲む夜

| トラックバック(0)

一年ぶりに旧友と酒を飲む。昔話を肴にして懐かしむ。
私の知っている飲み屋へ連れて行ったのだが、彼はすっかりそこが気に入ってしまったようで、帰ろうと言っても聞かない。結局彼のおごりで飲むことになった。
ところで、最初、その男と、どうして知り合ったのか記憶を呼び戻せなかった。本当に旧友なのか、多分違う、酒場で酔っぱらって気があっただけの奴。それでも年に一度は友人になれるのだ。

腹痛に苦しむ

| トラックバック(0)

夕方突然腹痛に襲われた。しくしくと痛んで苦しい。自宅なら迷わずトイレに駆け込むところだが、会社のトイレには何となく行きにくい、抵抗感がある。へその周りをなでたり、背中を自分で指圧したりして痛みを和らげる努力をする。そうしている内に、何とか痛みは治まった。
今日は残業しないで急いで家へ帰ろうと思った。また痛くなったら次は堪えられないだろう。トイレへ行けばいいのだが、どうしていきたくないのだろう。多分ウォシュレットが付いてないからだ、いや違うな。

迷子の手帳

| トラックバック(0)

手帳をどこへ置いたのか、2時間かかって探し当てた。
昨日確かに手帳を使ったのだ。いつも持ち歩いている黒い手帳。ところが今朝、会社についてその手帳を忘れていることに気が付いた。多分、自宅の机の上に置き忘れたのだろうと思った。多少の不便はあったものの、手帳なしでも何とかなったのだが、家へ帰って机の上を探しても何もない。
さあ、困った。昨日の行動を思い出しながら、家の中で私が手帳を置きそうな場所を探し回った。引き出しやコートのポケットまで探った。
結局洗面所の棚に置いてあったのだ。たぶん歯磨きか何かで洗面所に手帳を持っていって置いたのだな。何故は磨きの時に手帳を持っていったのか、その理由は思い出せない。

神社の祭り

| トラックバック(0)

近所の神社で焼納祭があって近郷近在から人々が正月飾りを納めにくる。沿道に屋台店が並ぶ、結構な人出を見せる。最近は自家用車で近くまで来る人が多いので周辺は渋滞してしまうほどだ。
午前中、犬の散歩がてらに様子を見に行く。
ほとんどが年配の人と一緒に連れてきた孫という取り合わせ。
「今年は暖かいで、ほんとに助かるや」「あったかい冬だに」とおばあさんたちが話しながら歩いていく。

字の手習い

| トラックバック(0)

習字を始めた。きっかけというのは特にないのだが、コンピュータを使っていると、字を書く機会が少なくなって、簡単な字すら思い出せなくなっているのが気になり始めたということか。
もとより悪筆、この際その矯正もかねてということだ。

ブルートゥース

| トラックバック(0)

ブルートゥース、えー日本語の表記はこれで良かったのか分からないが、そういうワイアレス機能のマウスを買った。USBのワイアレスは多いのだがブルートゥースはまだ一部にしか装備されていないので、見付けるのに苦労した。というより色々調べて純正品がベストだと分かったから購入しただけのこと。購入決断するまでにはかなり悩んだのだ。つまり純正品の上に普及してないブルートゥースなので値段が高い。しかもボタンの感触が弱々しいのだ。
一緒にいた友人は、弱々しくて直ぐ壊れそうな商品だとか言うので余計に購入の決心が鈍った。そうだよね、普通のワイアレスマウスでも4千円でおつりが来るけど8千円したのだから。

他人の悩み

| トラックバック(0)

会議で発言していて、私は本当に今主張していることを信じているのだろうかと思うようになっている、と友人は言う。本当に信じていると言うことではなく議論する場合は、一応主張する意見に気持ちを傾けなくてはならないのだが、それができなくなっているというわけだ。
確かに利害のあるセクション同士で話をする場合、明日は相手側の立場になっていることだってあるのだから。
彼だって本気で悩んでいるわけではないが、口に出して言わないと自分を見失う不安があるのかね。
私は、よくあることだと、普通に答えておいたが。

外に出る

| トラックバック(0)

一日中、外に出ていた。最近にしては珍しい。オフィスに閉じこもるより変化があって面白いと思う。ただその用件が不手際の謝罪と言うことを除けば。

平穏無事

| トラックバック(0)

現場でちょっとした事故があって、その後始末に走り回った。あちこちからの電話の対応と報告書の作成。何もなければ普通に過ぎることが一旦ことあれば、普段の5倍の仕事量になる。
平穏無事はありがたいことだと、こういうときに思うのである。
明日も後始末だ。

酒屋廃業

| トラックバック(0)

私の持っているサンヨーの株が少しずつ持ち直してきている。正月明けに、同じ株を持っている友人とサンヨーのていたらくについて話したばかりだったのだが。このまま業績の回復を待つと言うより、売り時を探るというのが今のところの態勢だ。サンヨーの場合、会社のがんばりと言うより他が落ちてきて、相対的に浮上という他力的な要素があるのではと分析しているのだ。
経済状況が良くなっているとはとても思えないモンね。そういえば、近所の酒屋が廃業すると家人が言っていた。そこの奥さんと知り合いなのだが、コンビニや量販店の影響で、将来がないと見切ったと言うことだ。そこの奥さんは、パートか何かの勤めに出るらしい。ずっと店をやってきていて会社勤めができるのかなと思うのだが、人は生きるために働かなければいけないのだ。

ペコちゃん

| トラックバック(0)

友人の息子がコンビニでアルバイトをしていて、不二家の製品が撤去されていくのを目の当たりにしたそうだ。昨日、近所のセブンイレブンに行ったけど不二家が占めていた空間がぽっかり空いていて、空虚なのかと思ったが同じような別のメーカーの製品が普通に並べられていた。
友人は生菓子製造の管理ミスとチョコレートなどの製品とは直接的な関係はないのだから、一律に不二家製品を撤去するのはおかしいと言っていた。そういう意見は意見として不二家は生き残るのだろうかという野次馬的な観測が今や興味の的になっている。会社としては何とか生き残るのかもしれないが、ペコちゃんにはあまり郷愁はないけど、多分そのキャラクターは死につつあるのかもしれない。
ペコちゃんには郷愁はないけど思い出はある。寂しいことだ。

オートバイを見る

| トラックバック(0)

本屋で本を探していたら、懐かしい友人に声をかけられた。1年ぶりぐらいだろうか。来月から勤務地が変わるらしい、ずいぶんと空気の良いところだと言う。つまり田舎の方に行くと言うことだ。それで通勤方法をバイクかスクーターにしようと考えているらしい。
じゃあ、バイクを見に行こうと本屋を後にする。
最近は大きな排気量のスクーターが流行っているそうだ。友人は熱心に見ている。私は今は自転車通勤だが、もしバイクにしたらますます運動不足になるに違いない。

数学に再挑戦

| トラックバック(0)

脳の活性化のために数学を勉強しだした。高校時代に一応理解したつもりになっていたのに、今やすっかり忘れてしまった微分積分や確率などを復習しようとしているわけだ。
本屋でそのあたりの解説書を探していたら、なんと数学検定なるものがあるらしい。何でも評価し何でも点数化する風潮ということか。
私はまあ一人静かに復習することにする。

不調

| トラックバック(0)

昨日今日とろくな客が来ない。バイオリズムも多分良くないのだろう、調べたりはしないが。酒でも飲んで寝よう、今夜は。

困った連中

| トラックバック(0)

最近やっかいな事が頻発している。久々にやくざがやってきたのだ。困ったものだ。彼らは人格を攻撃してくるのだ。たとえば態度が高慢だとか、その理由は足を組んでいるからだとかね。
彼らのやり方というのはパターン化しているのは事実だ。説明役がいて、理路整然と話す、それで埒があかないと、もう一人が大きな声を出して威圧する。それを説明役がなだめて、もう一度話の筋に戻すというパターン。分かっているけど、押し返せないのだ。怖いモンね。

弁護士

| トラックバック(0)

とある件で弁護士と会う。人相の悪い弁護士だ。人の揚げ足ばかりとって生きてきたような顔だ。話を聞いてみても、自分のことばかり話すのには参った。法廷でも人の話は聞かずに、自分の論をまくし立てるタイプなのだろうな。それで、少し用心して本論には入らず挨拶だけで分かれた。
評判が良いと聞いていたのだがな、

万年筆

| トラックバック(0)

久しぶりに万年筆を手にした。ずっとボールペンを愛用していたのだが、万円筆というのも良いものだ。最近、毛筆に凝っているので、柔らかな書き味が気になりだしたのだ。やはり万年筆の書き味というか筆圧の調整が聞くところが良い。手軽さではボールペンなのだが。

年賀はがき

| トラックバック(0)

年賀はがきの遅配が問題になっていると新聞に出ていた。私の年賀状は何時届いたのだろうか。あまり期待していないけど。というのも年賀状を書き上げたのは行く年来る年が始まった頃だったからだ。それでも大晦日の寒い中をポストまで出しに行った。だから、せめて3が日までに届けてくれよ、とは言わない。普段郵便物を出したこともないような有象無象が出すのだから混乱するのは当たり前だろうなと、郵政公社に同情的になる。はがき50円のサービス、つまり相手に届けてくれればいいのだ。

老犬

| トラックバック(0)

冬らしい良い日だ。風は冷たいが日射しは暖かい。犬を散歩させながら動物病院へ連れて行く。年末からずっと調子悪いのだ。年寄りの犬だから仕方ない。犬も年をとると白髪が増える。特に顔のあたりにそれが顕著になる。だから年寄りの犬というのは顔が白っぽいのである。
家の犬は年寄りなくせに子どもっぽいところが抜けていない。老成したという感じがない。病院の中でも興奮しまくっていた。他の犬のにおいに反応しているのだ。

儀礼

| トラックバック(0)

今週は早く過ぎた。年の初めで、儀礼的な会合が多くて、本年もよろしくなどと繰り返している内に時間が過ぎていたのだ。内容はないが。

記念日

| トラックバック(0)

昨日の話なのだが町中を車で走っていてやたらとパトカーや辻々に立つ警察官が多かった。一体何事か、重大な事件でも起きたのだろうか、それとも誰か皇室関係者でも来るのだろうかと思った。しかしさにあらず、今朝の新聞を見てその意味を知った。つまり1月10日は110番の日ということだったのだ。そのPRのために警察官が大挙して町中に繰り出したというわけだ。
可哀想なのは私の前にいた車、何故か白バイに呼び止められて、何か聞かれていた。見ると岐阜あたりのナンバーの車だった。なんとタイミングの悪いときに遠出をしたものだ。
昨日はそんなわけで、警察大活躍の日だったわけだが、今日はどうだろう。1が3つ並ぶ。きっと何かの語呂合わせの記念日に違いない。

星占い

| トラックバック(0)

今朝のテレビの星占いでは今日は最高の運勢で、やること全てが上手く行くだとか言っていたが、実際はそのような都合の良いことは何もなかった。

焼き餅

| トラックバック(0)

久々の出社、朝の身支度から出勤までの時間感覚を忘れている。普段流れ作業のようにこなしているから、意識していなかったのだ。こういう小さな事を思い出させてくれるとも長い休みの効用だ。正月休みも終わりだ。
そういえば今年の冬は餅をあまり食べなかった。いつもなら今頃餅の味に飽きてくる頃なのだが、餅を食べたいと思った。友人のブログに餅をバターでホイルの包み焼きにしてチキンラーメンに入れて食べるという描写があって、それを読んで餅がむしょうに食べたくなったのだ。ネギをたっぷり入れた力チキンラーメン。

朝食抜き

| トラックバック(0)

朝の食事を抜くと、血糖値が下がって怒りっぽくなるのは本当だ。変な時間に腹が減って、スナック菓子などをつまみ食いしたりするとあっという間に体重が増加する。
朝食は大事だということ。

学習しない

| トラックバック(0)

ぐぐっと冷え込んできている。
コンピュータで作業していたらいきなり暗くなった。停電だ。しかし何故だろう、状況がよく飲み込めない。プリント命令を出して、プリンターが稼働した段階で停電だ。廊下隔てた居間はテレビも電気も点いている。
この部屋の配線のブレーカーがとんだらしい。
確かに、エアコンの暖房と足熱器とデロンギとコンピュータの周辺機器のいくつかがこの部屋で一斉に稼働していたのだ。
ずっと昔だが、こたつのタイマーが入った瞬間にブレーカーがとんだことを思い出した。それで、炬燵でぬくぬくと作業をしていたデータがぶっ飛んだのだ。冬は電力を使う機器を使うことが多い。しかし、ブレーカーがとぶまでそういうことは思い出さない。つまり、学習してない。

スキャナー

| トラックバック(0)

朝から雨が降っていて、夕方まで降り続いた。夕方からは風が強くなっている。低気圧が進んできている。夜半からは外の風音が聞こえるほどになっている。そんな中、スキャナーの調子が悪い。雨戸ががたぴし言う中、うんともすんとも言わないスキャナーの故障の原因探しに苦労している。
今、メーカーのページに行ってドライバーをダウンロードした。これをインストールして回復できるかどうか。

赤いノート

| トラックバック(0)

新しいノートを買った。買ったときワインレッドの良い色の表紙が気に入ったからだ。しかし家へ帰って見たら濃いオレンジだった。そうか、サングラスしてたから色の濃さが違ったのだ。まあ、いいや。
B5のノート。手帳では小さすぎる、A4のノートでは大きすぎる。

冥土へ一里

| トラックバック(0)

正月の忙しいときに友人の親が亡くなった。冥土の旅の一里塚とはよく言ったものだが、せわしない葬式であった。
葬式で会う人とも小声で本年もよろしくと、年頭の挨拶を交わす。それからおもむろに哀悼の意を表すのだ。

正月ぐらい

| トラックバック(0)

今朝方、仕事の夢を見た。いやな夢だった。おかげで今日は仕事の幻影が消えない。というよりも、仕事の事を考えてブルーになっているのだ。
いやいや、世間は正月もくそもない、みな普通に仕事している。正月が休みだと思うことが書生的な世間知らずということなのだ。
正月にコンビニもショッピングセンターもやっているのは便利だが風情はないなと。正月ぐらい金儲けを考えるなと。

エリザベス

| トラックバック(0)

年末から犬の様子がおかしかったのだが、今日はさすがにしんどそうだ。犬はあそこが痛いだのと言わないので分からないのだが、どうも内股あたりが内出血していて痛そうだ。色が変わっている。正月休みだが獣医に電話すると直ぐに連れてこいという。
診察では、やはり内出血していて、地がたまっているようだ。とりあえず切開して血を出すということらしい。暴れないように押さえたり獣医も大変だ。
切開したおかげで、痛みが引いたようだ。切開の後を舐めないように、エリザベスというメガホンのようなものを首に巻く。エリザベス朝時代の襟のようだからエリザベス、良いネーミングだ。

年の初め

| トラックバック(0)

いつもとそんなに変わりがあるわけではない。いつもの目覚まし時計で一旦目が覚めて、休みだと言うことを思い出して二度寝する。もちろん元旦だと言うことは知っていたのだが。
それでも、8時半には起き出して今にあるテレビをつける。すでにお笑い番組が始まっている。めでたさは笑いとともに実感すると言うことか。中身のない実感だが。雑煮を3個食べる。普段はあまり箸を付けない栗きんとんも食べてみる。妻は少し高級なものだと言っていた。そういわれると高級な味がする。
昼前に、先輩に家へ年始の挨拶に出掛ける。そこで、引き留められて少し酒を飲んだ。そういえば最近酒を飲みっぱなしだ。そこを辞したのは3時過ぎだった。少し酒が回っていた。酒に温められた頬に風が心地よかった。
帰り道、もう冬休みの半分が過ぎたと思う、後ろ向きな酒だった。

このアーカイブについて

このページには、2007年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年12月です。

次のアーカイブは2007年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja