2007年2月アーカイブ

会議は続く

| トラックバック(0)

朝から夕方まで会議。外の空気を吸ったのは、昼食でそばを食べに出たときだけ。この時期はこういう会議が多い。
決算数字をまとめたりする会議、ちょっと違うけどまあそういうものだ。
数字を聞いていると眠くなる質なので、眠気を振り払うのが大変だ。

虚ける

| トラックバック(0)

八方ふさがりだと感じることがあるのである。前門の虎、後門の狼かしかしこれじゃ二方だけだが。友人も弱気になっていると言っている。春の虚けた気分のせいなのだろうか。友人は足首を痛めたのが原因らしい。それはまだ回復する。
私は打開策を見付けないと行けない。

決断

| トラックバック(0)

決断には、考える時間と背中の一押しが必要なのだ。今日の会議は結局そういうことだった。トップの決断のために様々な結論を用意するという会議。様々といっても、選ぶのは二者択一なのだが。
一方は、正直だが批判を浴びるのが目に見えている。もう一つは、当面はうまく凌ぐことが出来る、というもの。
どちらを選ぶかは、決断者に委ねられていた。どっちを選んだか。

外出しない

| トラックバック(0)

外へ出ると花粉を吸い込んでしまうので、なるべく家の中にいる。春先は外出しないのがここ10年の習慣になっている。
いつだったか、仕事で山の近くまで行くことになったのだが、杉林が黄色く煙っているように見えた。黄砂だったのかもしれないが。

手術

| トラックバック(0)

ここのところ毎週犬を獣医に連れて行っている。股に出来たできものがなかなか直らないのだ。二週間前に細胞を採取して、検査機関に送ったのが今日結果が出るという。しかし何のことはない、原因不明なのだ。
仕方ないので来週、手術をすることにした。
犬の手術というのは結構お高い。保険がきかないからな。

2月逃げる

| トラックバック(0)

今月は28日までしかない。来月の初旬に予定を入れると言われて、手帳を確認せずにOKを出しておいた。来月初旬にはまだ予定が入っていないからだ。しかし、来月初旬とはつまり来週じゃないか。だまされたような感じだな。

遠くで雷

| トラックバック(0)

遠くで雷が鳴っている。春を起こす春雷なのだろうか。しかしこれだけ暖冬だと、季節はずれな感じがするな。今週当たりは暦では梅祭りの頃だが、おおかたの梅は散っているだろう。

花粉のせいだ

| トラックバック(0)

今年は花粉の舞い方は少ないという予報だったが、とんでもない誤予報だ。ここのところ薬なしではまともにしていられない。まあ、この苦しみは花粉症の発症者でなければ分からないのだ。それにしても暖冬だったせいで花粉の舞い方は尋常ではない感じ。あちこちでくしゃみが聞こえる。
この地方は特に多いのかもしれない。有名な杉の山々が近くにある。かつては美林と呼ばれていたらしいが、今はほったらかしなのだろう。

風邪、深まる

| トラックバック(0)

最悪な状況になりつつある。つまり風邪と花粉症の合併症状なのだ。
これこそスペイン風邪に勝るとも劣らぬ新型のインフルエンザなのかもしれない。少し静かにしていようと思う。というより、元気が出ない

風邪はやる

| トラックバック(0)

風邪をこじらせそうになっているのだが、隣のセクションでは今日5人休んだそうだ。本格的に流行りだしているのかもしれない。

体調崩れるか

| トラックバック(0)

不摂生がたたったか、少々風邪気味だ。喉が痛む。しかし、この季節は風邪なのか花粉症なのか判然としないことが多い。まあしかしこれは風邪だろうと思う。新型インフルエンザでなければいいが。

タクシー

| トラックバック(0)

退職する先輩の送別会であった。それなりの宴会であった、お座なりの参加ということかもしれない。近くに住む同僚と参加していたので一緒に帰ることにした。雨が降ってきていてタクシーに乗るための行列は結構長かった。タクシーの順番がきて、乗り込んだ。我々は酔っていたので訳の分からないほら話をしながらの道中だったのだが、タクシーはいつも曲がる辻を過ぎようとしている。同僚と私は同時に声を上げた、「おっさん、曲がる道を過ぎてるで」と。酔っていても、そういうことは気にしているのだなあ。

口論

| トラックバック(0)

朝から険悪な雰囲気。ちょっと調子に乗っているんじゃないのと、毒づきたくなるのを押さえていたのだが、午後の会議でとうとう口論となった。

メシ代

| トラックバック(0)

メシ代というと4?5百円、食事代というと3千円?5千円というのが私の感覚だったのだが、若い友人はメシ代で2?3千円を思い浮かべるという。バブル期に育った世代とはいえ、こんなに金銭感覚が違うものだろうか。
昨夜、残業で遅くなって、会議の帰りに皆でレストランで軽い食事をしたのだが、部下たちは今朝それぞれにかかった金額を払いに来た。メシ代ぐらい、いいよ、というつもりだったのだが。食事代でないとだめなのかもしれない。

チロルチョコ

| トラックバック(0)

バレンタインデーということだが、会社ではそういうことは話題にもならないと思っていたが、女性社員から義理チョコをもらった。我がオフィスのおじさん軍団を可哀想に思ったのか10人いるおじさん全員にチロルチョコを1つずつ配ってくれたのである。ありがたくいただいた。
昼休み、チロルチョコを頬張りながら包み紙を見ていたら、チロルチョコの会社は福岡県田川市にあるのがわかった。
田川といえば数年前に九州へ出張した帰りに立ち寄った町だった。友人の出身高校のある町で、五木寛之の小説の舞台になった町だと言うことで行ってみたのだ。
チロルチョコの一口で、思い出すことの一こま。

文字に愛着

| トラックバック(0)

最近字を書くことに凝っている。悪筆で字を書くことが大の苦手だったのだから不思議なことだ。ワープロという機械が世の中に出始めた頃、かなり早くから使っていた。それというのも、手で丁寧に書くことが面倒だと思っていたから、きれいに印字してくれるワープロはとてつもなく便利な機械だった。そういう時代を経て、今や全てのビジネス文書が印字されている時代になった。そうなってみると、みみずののたくったような私の肉筆に愛着を覚えるようになったのだ。皮肉な感じ。
もっとも、私の古い友人で電気屋の息子だった男は、1台百万円もするころから店で仕入れたワープロを自分のものとして使っていた。一度彼の家へ行ってその開発されたばかりの頃のワープロを見たが、それは机1つがそのままワープロマシンだったのだ。あれにはびっくりした。

悪い予感

| トラックバック(0)

連休だったのだが、まとまったことは何もできなかった。確か正月にもそういうことをいっていた。休みというのはなのもしなくなる日々だということが今更ながら分かった。夕方からくしゃみが止まらない。花粉だ。今年は全般的に少ないと予報ではいっていたが、どうもそうではない予感がする。

花粉を感じた日

| トラックバック(0)

午後車で出掛けたのだが、車を運転しているときくしゃみが止まらなくなって困った。いよいよ花粉症の季節だ。例年より、だいぶん早いような気がする。暖冬のせいだろう。梅は咲いたし桜の蕾もかなりふくらんでいる。菜の花も咲いていったい何だこの季節感は。

二日酔いの朝思い出すこと

| トラックバック(0)

昨日も飲み会だったのだ。しかももう一件別の所からも声をかけられていた。酒の席の誘いはもてもてである。1つは会社関係だが、もう一方は古い友人たちとの席。会社関係の義理を果たしたら友人たちの方へ顔を出そうと思っていたのだが、酒が入るとそんなことはすっかり忘れていた。
二日酔いの頭で、そういうことを思い出すのだ。

こころのうろ

| トラックバック(0)

上司に厳しく問いつめられて。うろが来た。うろが来たという言葉は、大阪の古い言い方のようだ。いきなりいわれると、うろがくるということらしい。うろとはだから、心の隙のようなものらしい。
それと同じなのか。

飲む機会が増えている

| トラックバック(0)

昨日も飲み会だった。会社を退職する先輩の送別会。団塊世代の退職の始まり。ちょうど私が入社した頃、活躍していて、仕事を教えてもらった世代だ。個人的にも世話になった人が多い世代。そういえば、友人も転職で送別の会が続いているそうだ。とかなんとか、そういう理由で酒を飲む機会が増えている。

ドライアイ

| トラックバック(0)

眼が乾く。ドライアイだろうか。数年前から、コンタクトレンズが合わなくなっていたことは確かである。
いや、花粉症の可能性もある。すでにマスクをしている人が目につくようになった。暖冬だから、杉の開花も早まっているかも。梅は咲き誇っているし、桜の芽もふくらんでいるのが分かる。メジロが桜の木に来ている。そういうのを観察しているから、眼が乾くのか。

深酒する

| トラックバック(0)

バブルの頃、一緒に働いていた連中と同窓会的な飲み会。そのころのいけいけで何をやっても結果がついてくる思い出を共有する。
そのおかげで深酒。

犬の名前

| トラックバック(0)

とある人、近所の犬が自分と同じ名前であることを知った。名前が呼び捨てられていることに我慢ならなかったその人は、菓子折を持って飼い主の家へ行き、名前を変えるように頼み込んだ。
熱心に頼んだことが飼い主の心を動かして、犬の名前は犬らしい名前に変えられたとさ。
教訓、犬の命名は犬らしいものにすること。例えばポチとかクロとかシロとか。

立春の青い空

| トラックバック(0)

風は冷たいが日差しは春。立春らしい日だ。近くにある自然公園へ午後野外セットを持って出掛けた。野外セットとは望遠鏡、カメラ、地図、拡大鏡、スケッチ帳などの観察セットのことだ。冬から春への自然観察をしようと目論む。
妻はカメラに凝りだして、デジタルカメラではなく、46版という大型のフィルムカメラに慣れようとしている。その撮影にと一緒に行った。
空が印象的に青い午後だった。春先のこの時期は霞がかかったようになるのが普通なのだが。

節分の思い出

| トラックバック(0)

今日は節分なのである。昔は近所からも豆をまく声が聞こえたりしたが、今はそういうことをする家庭も減った。神社や寺だけの行事になっている。
欧米では、ハローウィンに子どもがいたずらするぞとかいって、家々からお菓子をもらう楽しい行事がある。私の記憶では、節分の日の夜、子ども達が近所を歩いて家々からお菓子をもらう同じような行事があった。
近所の遊び仲間5・6人が徒党を組んで、近所の商家や大きな家を回りお菓子を投げてもらう。母親に作ってもらった給食袋を大きくしたような袋に入れていくのである。10軒も回れば、袋は一杯になる。
その日からしばらくは、その菓子をおやつとして食べたものだ。

コードレスマウス

| トラックバック(0)

一日中会議だった。朝の9時から夕方5時まで。疲れた。
ブルートゥースのコードレスマウスしてみたのだが、何となく心許ない。ポインターの動きにメリハリがない。コードレスは机の上がすっきりして非常に良いのだが、動きがもう一つだ。設定が悪いのかもしれない。明日調整してみよう。

目薬

| トラックバック(0)

もう2月か、今月は特に早く過ぎた感じがする。しかも妙に暖かいが多くて1月らしい感じが全くなかった。
2月に入った途端に、目が痒くなってきた。そろそろ花粉症が出る季節だ。花粉情報では今年の飛散量は少ないと言っていたが安心はしていない。そういう予想が当たった試しはないのだ。
新しい目薬を買っておこう。

このアーカイブについて

このページには、2007年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年1月です。

次のアーカイブは2007年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja