2007年8月アーカイブ

姿勢の問題

| トラックバック(0)

デジカメが銀塩カメラを駆逐して久しい。先日電気屋へ行ってカメラを触ってきた。この書き方も違和感があって、昔ならカメラを見るならカメラ屋だろうというところ。
今は一眼レフが主流のようで、ニコン、キャノン、ペンタックスなどのカメラメーカーの一眼レフが並んでいてやっぱりカメラ屋じゃないかとつっこみを入れたくなる。
いくつかの一眼レフのデジカメを触ってみて、やっぱりこれからはデジタルなのかと思ってしまう。
そういう趨勢は別にして、どうもデジタルカメラの小さなモニターは納得がいかない。というより、あのモニターを見ながら撮るという格好が好きになれない。
写真の取り方というのは、ファインダーに目を当てて額と両手でしっかりとホールドしてぶれを防ぎつつ、片目はファインダーの中の画像、片目は実画像を確認しながらシャッターを押すというのが王道だと思っているからだが。
腕を伸ばして写真を撮るというのが当たり前になっていくのだとすると、いつしかファインダーを覗くという格好も存在しなくなるのだろうな。
それにしても、腕を伸ばして写真を撮るというのは姿勢が悪い。もう少し良い格好はないものだろうか。

人間ドッグ

| トラックバック(0)

午前中は人間ドックであった。血圧を測ったり、バリウムを飲んだりと、半日病院で過ごす。検査というのは、時間がかかるのだ。個々の検査ではなくて、待ち時間と言うこと。文庫本を持って臨んだのだが、待ち時間で半分読むことが出来た。メインは肛門と大腸の検査。太股を抱えて尻の穴を医者に突き出すのは、何回やっても恥ずかしい。若い女性の看護士も見ているし。
そんなことがあっても、午後は重要な会議に出席。昼過ぎに通り雨があって、気温が和らいだのが救いだ。

ヘルメットの奥の顔

| トラックバック(0)

毎朝、通勤の途上ですれ違う男がいて、必ず会釈される。しかし私は彼が誰だか知らない。知らないが、会釈されるので無視するのも変だと思い、必ず返礼している。分からないのには、訳がある。そのすれ違う彼は、バイクに乗っていてフルフェイスのヘルメットを被っているのである。多分ヘルメットの彼は、私のことをよく知っている人間なのだろう。しかし、私はヘルメットに隠された顔を想像できない。ずっと謎のままである。バイクだから、声を掛けようにもあっという間に通り過ぎていく。まあ、呼び止める気もないのだが。しかし、いつかその正体を知る日は来るだろう。

犬の午前中

| トラックバック(0)

犬はばてている。9時の散歩だというのに、日差しは容赦ない。アスファルトの照り返しで犬の腹は熱くなっている。犬は用心深くマンホールの蓋をよける。彼が幼い頃、その上を歩いてあまりの熱さに悲鳴を上げた。夏のマンホールの蓋は目玉焼きが出来るのだ。
そんなに暑い思いをするのだが、散歩は欠かせない。家へ戻るときには、熱交換のための呼吸は最高潮になっている。午前中はこの散歩で上がった体温を下げるのに費やされる。
そのために、家の中の涼しいところを移動する。玄関のたたき、エアコンの風の下、まあ、別にすることもないからいいのだが。

いつまでの暑さ

| トラックバック(0)

処暑が過ぎても暑い日である。いや普通は立秋が過ぎれば、秋風が感じられるはずだろうと思うのだが、さすがにそれはない。残暑になって本格的な暑さが来るというのが実際だからな。
昔はどうだったろうと、友人と話す、昔の今頃は、ツクツクホウシが鳴いて、その声を聞くと夏休みも終わるという寂寥感に包まれたと言う。子供時代の話だから寂寥感という表現は当たってないだろうけど、私の場合、宿題をやっていないという焦りみたいなのは感じた記憶がある。それにしても今ほど暑くなかったよな。

夏の雨

| トラックバック(0)

夜明け前に雨の音で目覚めた。梅雨末期の豪雨のような音。季節はずれというより、この地域の気候が熱帯化しているのだ。だから、あれはスコールなのだ。
まあしかし、この雨のおかげで世間の気温は一気に下がって、通勤の時間には雨も上がり、心地よい風が吹いていた。
昼間は、相変わらずの暑い日差しが照りつけていたのだが、黄昏時から雨が降り出して、夕立には遅い時間だが、強い雨が降った。雷も鳴った。
仕方ないので、雨が止むまで残業した。

書類で扇ぐ

| トラックバック(0)

いつまで続くこの暑さ。あさ、約束の時間に遅れそうになって、少し小走りになっただけで、大汗、小さなハンカチは使い物にならなくなるほど汗を吸った。どこもかしこも省エネとやらで冷房の設定は高めだ。会議には扇子を忘れて、書類で扇ぐ。

見舞い話

| トラックバック(0)

友人を見舞う。消化器系の働きが思わしくないようで、鼻から管を入れて消火物を出していると、そのチューブをもてあそびながら言う。先週から抗ガン剤の投与が始まって、髪の毛も抜け出した。正面から見ると普通だが、横を向いたりすると、すだれのようになった髪の間から地肌が見えて悲しい。
私の最近の出来事を微にいり細にいり話すと、おもしろそうに聞いている。元気なときには必ずつっこみがあったのだが、私のつまらない日常話でもおもしろく感じるようになったのだろうか。

曇り空の朝

| トラックバック(0)

朝からの曇り空、こういう朝は珍しい。気温が上がらなくて涼しい朝だ。今にも雨が降りそうな黒い雲もあるが、お湿りはない。昼前にはどんよりした空気が風に変わって、団扇を動かす手を助けてくれる。風が出ると心地よい。ニュースによるとこれは東日本だけの現象で、関西は相変わらず暑かったらしい。その境目のこの地方としては、適当に心地よかったと言うことか。

シエスタが欲しい

| トラックバック(0)

朝から暑い。朝の最低気温が30度近いなんて、赤道直下でも珍しいほどの暑さではないか、赤道直下に住んだことはないので確かなことは言えないが。
会社へ行くだけで大汗をかいている。しかも、会社は経費節減で仕事が始まる時間までエアコンのスイッチを入れない。エアコンの冷気で汗がおさまって仕事モードになれるのまでには1時間はかかる。
こんなに暑くちゃ、昼休みは2時間の昼寝も必要だ。この国は、夏は熱帯モードにすべきだな。

残暑見舞い

| トラックバック(0)

 このところ、というかこの20年ほどは、立秋を過ぎて暑い日が続くのが当たり前になっている。いやもっと昔からなのか、その辺の記憶は定かではない。時候の挨拶ではもう残暑なのだが、暑中だよね。この辺の季節感のずれというのは、地球温暖化のせいなのだろうか。
 暑中見舞いも残暑見舞いも、年賀状ほど熱心ではない世相だ。でも、古いしきたりの残る飲み屋界からは、残暑見舞いの葉書が届く。このくそ暑い中、飲みに行っていないなあ、暑気払いに一杯行くかという効果をねらっているのだろうか。

ラッシュ

| トラックバック(0)

世間は盆休みの真っ最中。家のテレビで帰省とUターンの交通ラッシュをみている。彼らはそう言うことを何十年前から繰り返しているのだろう。少しは学習しろと言いたい。

まいど暑い日

| トラックバック(0)

えらく暑い一日である。会社のエアコンは高めに設定されているので、外気に引きずられてやたらと熱い空気を吹き出す。あまりに熱いので調べてみると、何のことはない故障している。盆休みに入って、修理業者はいない。仕方ないので、送風でごまかす。窓を開けてみれば更に熱風が吹き込む。締め切って、故障していないエリアからの冷風で凌ぐが、団扇や扇子は手放せない一日。

病院

| トラックバック(0)

友人を見舞った。入院して2ヶ月。今は、抗ガン剤治療を行っている。彼はこれから髪の毛が抜けていくだろうと、笑って語った。
病院の駐車場の出口が渋滞していた。先頭の車の運転手が車を降りて何処かへ駆けだしていった。多分駐車料金の小銭がなくて売店へ小銭をくずしに行ったのだろう。渋滞で連なった車は、その運転手が戻るのを気長に待っていた。

子供の成長

| トラックバック(0)

本屋で家族連れの友人と偶然出会った。友人の子供にも久々に会った。少し前までは一緒にキャンプに行ったりして遊んだのだが、そのころはまだ子供だった彼も、中学生ともなると身長はすでに母親を軽く超え、声も野太くなって昔のかわいらしさは片鱗もなかった。彼だけを見たら多分識別できなかったろう。子供の成長というのは、近くにいると気付かないのだが、離れて観察しているとよく分かるものだな。

経験と先例

| トラックバック(0)

パワーポイントのファイルサイズが異様に大きくなった原因は分からないのだが、そうしない方法は分かった。試行錯誤で、つまり、これまではスライドへ画像を貼り付けるとき、画像用テンプレートの指示に従っていたのだがこれが問題のようだとわかった。理由は分からないのだが、この方法だとスライド一枚のサイズが5メガバイト近くなる。信じられない話だが。
そこで、解決方法というのは、単純な先例踏襲が一番だろうと思った。これまでに作成したサイズの軽いパワーポイントの画像添付方法をそのまま使うということにした。すると見事にファイルサイズの問題は解決した。コンピュータというのはこういう経験と先例が活きる機械であることを再認識した。
私の問題は、コンピュータ歴は長いが、そういう先例と経験が記憶の彼方に消えつつあるということである。

パワーポイント

| トラックバック(0)

出張の報告をパワーポイントで作成したのだが、ファイルサイズが異様に大きくなった。
たった20枚程度のスライドなのに500メガバイトを超えている。信じられない状況だ。作成している間は気付かなかったのだが、いや変だなとは思っていた、やたらと時間がかかるようになったからだ、保存とかに。しかし一体何が原因なのか、パワーポイントに精通してない私としては、右往左往するばかり。
いろいろ検討してみて、画像の挿入の形式に何か余分な情報が入り込むようだ。パワーポイントのマニュアルは読んだことがないので、本当の原因は分からない。また、知ろうとも思わない。

意味ありそうで

| トラックバック(0)

同じ数字の重なった日だ。でも何でもない日。中国の文化の影響を受けている国々では、奇数の月の数字と日が重なると意味を持つが偶数の月日が重なっても、冷遇されている。冷遇されても,気温だけは高く、蒸し暑い日だった。

眠れなかった夜

| トラックバック(0)

出張に怪談本を持っていって、眠れぬ夜の読書にと思ったのだが、読み終えても眠れなくなることがあった。何かカーテンの向こうにいるような感じがしてならなかったのだ。おかげで次の日はひどい寝不足だった。慣れぬ枕の時に、怪談本は読んではならない。

暑い日

| トラックバック(0)

この暑さに参っている。しばらく結構涼しいところに行っていたので、暑さが身に応える。湿気のせいだろう。

出張終了

| トラックバック(0)

長期の出張というのは疲れるものだ。それは多分、出張の仕事が終わって夜になると、安心して一杯飲むということが続いたせいなのかもしれない。
出張に、情報交換の飲み会は付き物なのだ。

このアーカイブについて

このページには、2007年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年7月です。

次のアーカイブは2007年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja