地図が取り持つ話

| トラックバック(0)

友人が古い地図を見つけ出してきた。駅前とそれに続く街道筋の商店街の半世紀前の地図である。この店はこんなに昔からあるのか、でももう潰れそうだとかうわさ話ともつかないことを話していたら、傍らにいた人生の大先輩に当たるような年配の人が、その地図に興味を持ったらしく、我々の話に入ってきた。
どうやらその人は、昔の商店街に住んでいた人らしく地図に載っていない商店や家のことまで知っていた。
私はそういう見知らぬ人間に対して用心深い性分なのだが友人はそういう人にも心を開いて相手の話を聞くという能力に長けている。
彼を聞き手にして、この近くの老人達から昔の街道筋の生活の話を聞き出したら面白かろうと思うのだ。彼にそのことを提案したら、そういうことに興味はないとのこと、残念なことである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.chan-zero.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3848

このブログ記事について

このページは、ながこうが2009年2月13日 00:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「思い出せない夢」です。

次のブログ記事は「13日の金曜日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja