ASNウォーキング

| トラックバック(0)

dsc01170_33935170740_o.jpgASNのウォーキング。

朝10時15分に浜松駅へ。電車の出発は20分、駅のコンコースにはもう誰もいない。チケットを買ってホームに上ると電車はもういた。始発なので時間まで待っている。二両目に乗り込むと他のメンバーが座席にいた。

12分で浜名湖の中の弁天島駅に到着。そこから湖の半島を結ぶ橋を歩いてガーデンパークという公園まで行く行程のウォーキング。

参加者はO手、S山、K原、K田、K井、H田、私の7人。快晴で雲一つないけれど湖の橋の上は風が強い。日差しは初夏の力強さを感じるのに風が吹き付けて体温をうばわれるようである。長袖シャツでないと寒い。薄いウィンドブレーカーが欲しいくらいだった。

大きく湾曲した橋を対岸まで渡るのだが目の前にあるように見える向こう岸の建物がなかなか近づいてこない。しかし黙々と歩くしかない。

一時間歩いてやっと対岸の公園に到着。公園内でY崎夫妻と合流。Y崎氏は足を痛めているためウォーキングを諦め、自家用車で公園に来ていた。

すでに昼食の時間。公園の真中辺りにある広い芝生の岡に座ってシートを拡げお弁当をいただく。

一時間ほど休憩したあと園内を軽く散策して帰路につく。

帰りも同じ橋を強い風に吹かれて歩く。来たときと違うのは風の向きが追い風になっていること。風に押されるように帰り道を行く。一時間ほどで出発点の弁天島駅に着く。

今回のウォーキングにはオプションで地元漁師御用達の居酒屋で仕上のいっぱいをやるというのがついている。

時間は3時半だが弁天島から電車で駅一つの舞阪へ行き舞阪駅近くのI野という居酒屋へ向かう。

ここはK原氏のおすすめ、夕方4時頃から近在の漁師たちが集まる店。とにかく安くて刺身がうまい。漁師相手の店で刺身がまずかったら商売にはならないだろうが。そして一時間半ほど飲んで食べても、一人千円ちょっとなのである。

すっかりいい気分になって浜松駅へ戻る。まだ5時だが浜松駅周辺ではこの時間でやっている店はないだろう。仮にやっていたとしても、もう立ち寄る元気はない。みな十分に歩いた。駅で解散する。

帰りのバスの中、鰹の刺身のニンニク醤油が強烈だった事を思い出す。匂っているだろうか。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.chan-zero.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4166

このブログ記事について

このページは、ながこうが2017年4月28日 23:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「形がきまらない」です。

次のブログ記事は「日記ももたつく」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja