雨の神様の怒り

| トラックバック(0)

数時間前、遠雷が聞こえてお湿りのような雨が降ったと書いた。その6時間後の今、轟く雷の音と稲光が凄まじい。雨は瓦を叩き、軒から流れ落ちる雨水は滝のごとしとは言わないが、十分な水量が予測できる。


県内には大雨注意報が出されたとテレビの画面にテロップが出ている。

これを見た時、私は天罰を受けたと思った。先の書き込みで私は雨の神様はまるで力がない、形式的な神であるようなことを言っていた。それを嘲笑うかのように、滝のような雨を降らせているのだ。
マンホール.JPG

表へ出てみると、家の前の道路には小さな流れができている。マンホールに溜まった水には雨が無数のミルククラウンを作っているのである。

ああごめんなさい、雨の神様、悪口言ってごめんなさい。

そう言いながら、マンホールの無数のミルククラウンを写真に収めようとしたのだが、スマホでは再現できなかった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.chan-zero.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4182

このブログ記事について

このページは、ながこうが2018年8月12日 22:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「遠雷と打ち水」です。

次のブログ記事は「熊野古道の記録」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja