秋の味覚は柿

| トラックバック(0)
先日「柿(かき)」という字と「柿(こけら)」という字が違うことを初めて知った。恥ずかしながらではあるが。コンピュータのフォントではその違いは出ない、昔ながらの活字でないと、はっきりとその違いがわからない。

何が違うのかというと「柿(かき)」という字は木偏と市でできている。市はなべぶたと巾で構成されている。
「柿((こけら)」は木という字の下の広がりの部分が肩肘張っている字形で木という字と同じように真ん中のたて線は一本筋なのである。
こう書いても伝わらないかもしれないが。

そんな柿の木を世話して半年、なんとか実がなってきた。普通は1本の木に200個ほどの柿の実がなるというのだが私が管理した木は成績が悪くて20個ほどしか実をつけなかった。
それでも、2週間後に収穫祭をする予定。収穫の喜びには違いないのである。
IMG_0445

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.chan-zero.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4186

このブログ記事について

このページは、ながこうが2018年10月11日 23:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「牧之原台地を歩く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja